アフィリエイト

「人が死ぬ瞬間の後悔」 後悔しないために出来ること

 

こんばんは、S.H@臨検です^ ^

今回の記事では「死ぬ瞬間の5つの後悔」っていう本を読んでみて、このままじゃ駄目だなって僕自身改めて感じたので、書いていこうと思います。

そしてこの本を、読んでみてアフィリエイトという新しい事に挑戦して本当に良かったって思いました!

僕も含めてですが、自分に正直な生き方が出来ている人って中々少ないんじゃないかなって思います。

現実を見てしまったり、周りの目を気にしたりして自分の行動に対して制限をかけてしまっている人がほとんどだと思います。

というか現代人って大抵そうなんじゃないかなって思います。

その気持ちは、すごく良くわかります。

人と違う行動するのって怖いですからね。

仲間外れにされないかとか色々考えちゃいますし。

けど、僕は声を大にして言いたいです。

自分に正直に生きるべきです。

自分の意見や考え方を大切にしてください。

自分の好きなように生きられる時代になったのですから。

僕のおじいちゃんは、中学を卒業したら

働くという選択肢しかなかったみたいです。

ですが、今は、世間体など気にしなければ本当にたくさんの選択肢がありますよね。

僕は現在、臨床検査技師として働いていますが、将来的には起業をしたいと思っています。

てか、起業なんてしようと思えばいつだって、

誰だって出来てしまうんですよね。

なぜ、起業したいかは、自分の描く理想的な生活を送れると思うからです。

どこにいてもパソコン1でお金を稼ぐことができたり、勉強をたくさんして自分の脳みそが成長したり、普通に暮らしていれば会うことができないような人に会ったり、行ったこと無いような場所に行ったりしてみたいからです。

そんな生活を送るために起業を目指しています。

今ここで、何も行動を起こさなければ確実に

将来後悔している僕が想像出来しまいます

前置きが少し、長くなりましたが内容に入っていこうと思います。

「死ぬ瞬間の5つの後悔」ブロニーウェア

 

まずは、この本の紹介を軽くしていこうと思います。

死ぬ瞬間5つの後悔っていう本はブロニーウェアというオーストラリアの看護師さんが書いた本です。

僕と同じ医療職の方ですね。

ブロニーウェアさんは看護師とし働きながら多くの患者さんの看護をしたり、最後の瞬間を看取ってきました。

そんな看護師としての経験をブログに書いたことが大反響を呼んでだことで、書籍化までされました。

なんと、

26か国語で翻訳され日本以外にも、世界中で話題となりました。

それほど、人気が出た書籍なんですね!

皆さんにも、ぜひ読んでいただきたいです。

きっと、行動しなきゃってなるはずですから。

「死ぬ瞬間の5つの後悔」は、本当に死ぬ瞬間の患者にアンケートをとっている

僕は、これを聞いて驚いたんですが

死ぬ瞬間の5つの後悔って本当に死ぬ瞬間の患者さんからアンケートを取ったものに基づいて作られているみたいなんです。

だから、生々しい、ちゃんとしたデータなんです。

患者さんが死んだ後に家族から聞いた話とかではなく

本当に死にかけてる患者さんの意見なんです。

日本なら少なからず問題になりそうですよね。

正直、最近の日本のメディアはどうでも良い事に対して過敏するぎると思います。

海外だからこそ、リアリティの高い生データをブログに書いたことで大ヒットした訳ですよ。

このデータは、本当に貴重です!

しかし、少し重たいテーマですよね。

そしてリアルなんだけど、

生データに基づいているから、誰が言うよりも説得力があります。

それでは、さっそく死ぬ瞬間の5つの後悔についてみていきましょう。

「死ぬ瞬間の5つの後悔」5つの後悔って、どんなものあるのか

瞬間の5つの後悔」に書いてある5つの後悔とは、

中には、僕が予想してたものもありますが、

凄くリアルなデータなんだなって思います。

そして、色々と考えさせられますね。

1自分に正直な人生を生きればよかった
2働きすぎなければよかった
3思い切って自分の気持ちを伝えればよかった
4友人と連絡をとりつづければよかった
5もっと幸せを求めればよかった

以上が「死ぬ瞬間の5つの後悔」です。

1から意見の多かった順に並べています。

本当に重いですよね。

それでは、一つ一つみていましょう。

「死ぬ瞬間の5つの後悔」自分に正直な人生を生きればよかった。

一番意見の多かったのがこちらの意見です!

自分に正直な人生を生きればよかった。

 

繰り返しになりますが、死ぬ瞬間の人がこれを言うって凄く重いですね。

そして、僕のこれまでの人生振り返ると

全然正直じゃなかったんですよ。

なんかほんとにレールに沿った人生というか。

挫折や失敗などは、他の人よりもしたかもですが笑

保育園の頃からずっと周りの目ばかりを気にしてましたね。

特に父親や母親、そして周りの友達

 父親に関しては、褒められることは少なかったですね。

僕をいつも友達と比べてプレッシャーばかりかけてきました。

もちろん良いところもたくさんありますよ。

おじいちゃんは、真逆で、何でもS.H@臨検の好きなようにすれば良いんだよって。

何に対しても肯定的で、人と比べたりするような人では、ありませんでした。

人格が素晴らしかったです。

僕は、とにかく褒められたい

褒められるにはどうすればいいのか

勉強で良い成績をとればいいのか

お手伝いをしたりすればいいのか

スポーツや部活動で、良い成績をおさめればいいのか

たくさん、考えましたね。

幼少期に作られた性格というものはなかなか治りません。

小学生になっても、中学生になっても、高校に入学しても、大学に入学、社会人になってでさえ、人の目を気にしていますね。

そして、無意識のうちに他人と僕を比べていました、人と比べることは、無意味な事なのに。

僕の生き方を一言でいうと

ザ!無難

ですね。

レール上をいく人生ですね。

これといった特徴もなく、

とりあえず周りに合わせて、厄介なことは避けるように生きてきました。

怪我しそうなことはなるべく避けて通って来ました。

高校中退に関しては、大怪我ではありますが。

そして、臨床検査技師とし働いている、今に至ります。

ですが、心のどこかに違和感を覚えていました。

僕の人生って本当にこのままでいいのか??

そんな、もやもやな感情がだんだんと膨れ上がっていきましたね。

正直に生きるって、本当に難しい。

本当はしたいことがあるのに、親や周りの意見を優先してみたり、どこかで僕自身の気持ちを押し殺しているんですよね。

僕が夢を語ったところで、うんうんって話を聞いてくれる人は、今は亡きおじいちゃんくらいしかいないと思います。

だから、こののまま、意見を押し殺して生きていくことで最後死ぬときに必ず後悔するんじゃないかって思うんです。

きっと死ぬ間際の人のわがままって誰でも聴いてくれるんでしょうね。

けど、一般的に我がままって悪みたいな印象がありますよね。

子供だとか、そんなん考えは甘いとか。

きっと、自分がそういうレールに沿った人生をおくってきたから自然とそれ正しいと思うようになるんですかね。

僕はこれを読んでちょっとくらいわがままに生きてもいいじゃんねって思いましたよ。

もっと若いうちから自分の好きなように、自分のしたいように生きるべき。

だって、人生は一度きりなんですよ。

若いうちに失敗したって、いくらだって取り返せるじゃないですか。

人間なんかいつ死ぬかわからないし、明日死んだっておかしくないんです。

だったら正直に生きた方が絶対楽しいと思いますよ。

僕はそう思います。

「死ぬ瞬間の5つの後悔」働きすぎなければよかった。

これに関しては、社会人なら多くの方が共感できるのではないでしょうか。

死ぬ瞬間というよりも常日頃から

働きすぎなんじゃね?趣味を楽しむ時間なくね?また、明日仕事かい

みたいなことは、考えたことがあるのではないでしょうか。

僕もそうです。常日頃から思っています。

アフィリエイトを始める前の僕は、時間にも、お金にも、凄く縛られて、辛かった。

当時はネットを使ってお金を稼げるわけないと思っていたから、FXとかには多少手は出しましたが、お金を稼ぐためにただひたすら必死に働くだけでした。夢や希望ももてませんでした。

それで手取りで、月収1618万円ほどでした。

週5日働いて、当直も月に3回こなして、それくらいです。

勉強して国家資格とって、大学行くために借金してこれです。

学生時代なんか、もっと大変で、アルバイトを掛け持ちで二つしたり、一日だけの短期アルバイト(コンサートやイベント等の設備撤去)これなんか、酷い扱いされしすぎて、リアルカイジの世界かよって思いました。

12月31日に、寿司屋の配達のバイトをしていた時には、こんな寒い中、お寿司を配達して

時給820円。僕は、何してるんだろうって思ってました。

たくさん、働いて、体調を壊してしまうこともありました。

それでも僕はお金が欲しかったです。

お金がなきゃ、生きていけないから。

この頃から、お金が全てなんだなって思っました。

が、しかし

皮肉なことにアルバイトで稼げる額なんかたかがしれてます。

友達と、ラーメン食べたり飲みにいったり、旅行にいったりすれば、あっという間になくなってしまうんですよね。

そんなときに、お金のことを何も考える必要もない、親から仕送りもらったりして、

飲みに行ってる友達やリア充な生活を楽しんでる友達の姿をみて羨ましがってました。

羨ましさを通り越してもはや恨みの感情すらありました。

「この差は、なんなんだ。自分らばっかり楽しみやがって。やっぱりお金か」

見たいなね。

当時の僕は、たくさん働いたことで心にどんどん余裕がなくなっていきました。

若干、心が病んでいましたね。

働いても働いてもいいことはありませんでした。

お金の代わりに、時間をかなり失ってますからね。

ただ、アルバイトの経験は、必ず将来的にはいきてくると思います。

コンビニで働いていた時なんか、本当に色んなお客さんがいて、態度の悪い人、店員をあきらかに下にみてる客は神様なんだよ的な人、

逆に、天使みたいなお客さんもいました。

そういった、世の中には色々な人がいることを学べますからね。

 

サラリーマンの人で、働きまくっていい思いしてる人なんかいるんですかね?

僕の周りの医療関係の友人や、他の社会人の友人とお話する機会があるときに

みんな口をそろえて言うのが

社会人って時間ない。給料も少ない。転職したい。

ってことです。

まだ、社会に出てない方には申し訳ないないですが、これが僕の周りで出ているリアルな意見です。

働き始めたら本当に何もできないってみんな言いますね。

やっぱり実際に働いてる社会人の人と話すと重みが違います。

他には、僕の職場の先輩が言っていたことですが、

「アラサーなんかあっという間にくる」

「30歳なんか、本当にあっという間にくるぞ」

なんて言葉をかけられましたがめちゃくちゃ怖かったですよ笑

実際、毎日働いていると一年なんかあっという間に過ぎてしまいます。

30歳までってとりあえず仕事で稼いでお金を貯めないといけない。

恋愛して結婚したりするなら、家を建てたり新生活にお金がかかる。

ライフイベンがたくさんありますよね。

やっぱりそれだけお金もかかりますし、働かないと生活できない。

何がなんでも、働かないと。

もしかしたら子育てもしなければいけない。

それでも子供のためにならって思うから働けたりするんでしょうけど。

一番若くて一番元気な時に一番働かなきゃいけないって、なんかなって思っちゃいます。

やっと、定年退職して、自由になった時には身体も弱ってやりたいことなんかきっとできないですよ。

だから、仕事も私生活もほどほどが良いですよね!

ライフワークバランスって凄く大事です。

 

働きすぎて、お金をたくさん得ても体調壊したらあまり意味ないですからね。

その点インターネットビジネスってめちゃくちゃいいなって思います。

パソコン一台があれば、いつでもどこでも出来て、

一度仕組みを作ってしまえばあとはいくらでも遊べますからね。

旅行に行ったり、友達と遊んでても、

 

何をしててもお金が入って

仕事がなくなれば、時間も増えますし、

自分のためや家族のために使える時間も増えて人生が充実していきます。

気持ちに余裕ももてますよね。

焦る気持ちがないし、他人に対しても優しくなれますよね。

 

僕の師匠達みてて、本当にそう思います。

いきなり、カンボジアに行ったり沖縄にいったり、スノボしに猪苗代にいったり。

スゲーです

ネットで稼げるようになったら、最強ですわ。

「死ぬ瞬間の5つの後悔」思いきって自分の気持ちを伝えればよかった。

これ、今の僕には分からないですね。

死ぬ間際に大切な人(家族や友人)に言わんとしていたことがあったんでしょうね。

言いたかったけどずっと我慢して我慢して。

そして最後の瞬間まで我慢して死んでいく。

言えないことを言えないって辛いですよね。

 

僕はいうて20歳半ばの若造なので多くは語れないですが。

大切な人には、言いたいことはちゃんと言ってますからね。

 

だから、この意見に関する後悔はあまりないんじゃないかな。

 

「死ぬ瞬間の5つの後悔」友人と連絡を取り続ければよかっ

僕自身、これは凄く共感します。

大学の友人や、スポーツクラブで一緒だった友人とは結構連絡とりますが、

仕事だったりの関係で、休みとかも中々合わず

全然会ってなかったり連絡もとらなくなってしまった友人もいます。

だから、僕から積極的に連絡とろうと思ってます。

やはり、就職してから、友人を作るって中々難しいです。

なんて言ったて、上下関係がありますからね。

先輩とかに、本心なんか言えないですよ。

 

怖くてね。友達ならズバズバ言えるのにな。

これはしょうがないことなのでしょうけど。

だんだんと、仕事が優先で、友達を失うなんて怖いですもんね。

 

就職してからは就職先でのコミュニティだけでの付き合いになりがちなんですよね。

就職すれば、皆んな住む場所もバラバラだし

会うってなっても中々厳しいです。

 

けど僕は昔の友達とのつながりを大事にしたいんですよね。

もちろん今のつながりも大事なんですけど、昔からの友人って、僕の過去とかも色々知ってて、

一緒に色々経験してきた人なんですよね。

だから、あまり気を使わないうか、

本当に大切にしたいんですよね。

 

僕が明日いきなり、金沢旅行に行こうって言っても着いてきてくる人なんかそういないですよ笑

僕は、突然突拍子もない事言い出しますから。

 

上辺だけの関係なんて、疲れてしまいますもん。

大人になるにつれて人間関係ってドライになります。

仲が悪いとかではないんだけど、あくまでも職場だけの関係みたいな。

当たり障りない事ばかり、言って、本心なんか中々いえないです。

濃い関係になることって、難しいと思うんですよ。

正直職場が変わったら、この関係も終わりみたいな人が多い。

喧嘩なんかしたら、もう関係は破綻ですよ笑

対して大学時代や、スポーツクラブ友達ってドライなんて感情はなく、お互い感情ぶつかりまくりです。

でも、結局は仲直りできるんですよね。

思春期っていう複雑な時期をともにして、喧嘩したりして、青春したりしてできた友達です。

そんな友達って職場の知り合いとかよりもはるかに濃い関係ですよね。

自分の本当の部分を知っているというか、

悪い部分も受け入れてくれて、良い部分もあって、性格の内側を知ってるというか。

最終的に助けてくれる人ってそういう友達何じゃないかなって思います。

僕が助けたいのも、そういった友達です。

そんな友達と連絡が途絶えるのって、とても悲しい事です。

だから僕はこの本を読んで、大学時代の友人、スポーツクラブの友人とは連絡を撮り続けようと思いました。

 「死ぬ瞬間の5つの後悔」もっと幸せを求めればよかった

そもそも幸せって何だろう?

人によって、幸せの定義は違うと思うので、

中々難しいですよね。

僕はですが、

お金があることで幸せになれると本気で思っています。そして、周り大切な人も幸せにできると。

 

 僕の師匠が言っていました

世の中の99%が金で解決できると。

実際に月に何百万も稼ぐ人だから、言葉の信憑性が高いですよね。

お金要らないなんていうのは、綺麗事で嘘だと思います。

世間的にお金稼ぎする人はあまり良いイメージがありません。だけど、少し考えてみれば結局皆さんお金のために働いています。

死ぬまで使いきれない、お金があるとしたら

このまま、明日も仕事に行きますか?

僕なら明日から仕事になんて行かないはずです。

 海外旅行に行きたいし、国内でも全国まわりたいし

好きな車をかっ

 趣味にたくさんの時間を費やして

 大切な人と自由遊んだり

お金があることで、家庭をもつことができる。

子供を大学に通わせられる。

お金が家族を救うことだってできます。

高額な医療費も払えますから。

大半のことがお金でできちゃうんですよ。

僕は後悔したくないから、アフィリエイトを始めて起業目指している

僕は、なんだかんだで自由を求めて、理想とする形を手にいれるためにまずは、アフィリエイトを始めました。

最初は、半身半疑でしたよ。

数ヶ月前からは、現在の僕はとても想像できませんよ。

僕が初めて書いた、ヘッポコ記事みてくださいよ。

『アフェリエイト』というビジネスに出会って 自己紹介 こんにちは!S.H臨床検査技師です! 名前が、少し長いのでこれからはS.H臨検でいきますね笑 現役で...

それと比べたら、記事の内容とかも少しは上達したんじゃないですかね。

沢山勉強して実践すれば収入が上がるし、自分の能力も上がります。

だから、もっともっと頑張ろうってなるわけです。

僕はアフィリエイトを始めてから、実際に

本業プラスアルファで、収益が入ってくるわけですから、やはり全然違いますよね。

お金に対して、昔より怯えなくなりました。

マインドも強くなったしね。

で、寝ていてもお金が多少は稼げるようになりました。

に対する不安が消えつつあります。

で、もっともっと稼いでやりたいって思ってます。

自分の作った記事が読んでいただけたり、

世の中に広まって、見てくれた人が喜んでくれる。希望を与えられる。

20代半ばの冴えない臨床検査技師が一人で社会に影響を与えれるのってインターネットビジネスだからこそできることです。

 

自分が成長することで、もっと多くの人に喜ばれて、もっともっとお金が稼げる。

ネットを使ってるので労働時間が増える訳でもありません。

本当にアフィリエイトを始めてよかったと思います。

きっとあの時、行動してなければ、死ぬ瞬間に後悔していたと思います。

あの時、師匠に会いに東京まで行って本当に良かったと思ってます。

自分が後悔しないために選んだ道が人からは批判されることもあるかもしれません。

けどそんなの気にしないでいいです。

死ぬ瞬間に後悔しないように、自分に正直に生きましょう。

人生はたった一度きりです。

素直に、わがままに、自由に生きていきましょう。

で、僕はアフィリエイトを始めたい人を応援したいと思います。

まとめ

もしもアフィリエイトに少しでも興味がわいた方、なんかよくわからないけどちょっと気になるかたは、LINE追加してみてください。

個別に話す事ができますので。誠実に対応します!

合わないと思ったらいつでもブロックできますので、気軽に登録してみてくださいね。

ということで今回は「死ぬ瞬間の5つの後悔」を読んでみて思ったことを話してみました

自分に正直に生きよう!

LINE@リンク

LINEID:@kdd4171l

 

スマホの方はワンタップで追加できます!

PCの方は、QRコードを読み取って追加してくださいね!

 

ABOUT ME
S.H@RINSYOKENSAGISHI
病院で働く20代半ばの臨床検査技師。 細菌検査を担当。 国家資格は、臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンス。 臨床検査技師としての収入に限界が見え アフィリエイトに挑戦中。 2018年の9月27日に師匠と出会い、10月半ばよりアフェリエイト開始。 好きな物、事 旅行、車、釣り、ラーメン、youtube鑑賞、カラオケ、ドライブ、料理 嫌いな物、事 ラッキョウが苦手 目標 アフィリエイトで稼いで、奨学金の早期返済、CX-5の購入。